素朴な疑問「なぜ太るのか?」

なぜ太るのか?その理由は簡単…、食べ過ぎるからです(笑)。

じゃあ単純に食事量を減らせば痩せられるのかと言うと…、話はそうシンプルなものでもないようです。

よく聞くのが「食事量は少ないのに太る」という話。

或いは、「昔と食事量は変わっていないのになぜか太るようになった」という話。

そんな訳ないじゃん!と思うかもしれませんが、これが事実なんです。

人間歳を取ると自然と基礎代謝が落ちていきます。

基礎代謝が落ちれば、一日に身体が必要とするエネルギーも減る訳ですから、昔と同じ食事量だといつの間にか太っていたということもありえるのです。

また、人間歳を取ると仕事や家事が忙しくて、昔のように体を動かす機会が減ってしまったという人も多いと思います。

運動量が減ればエネルギー消費量も減るので、その分太るのも当然です。

とどのつまり…、太る原因は「食べ過ぎ」なんです。

太りたくないなら、身体が必要とするエネルギー以上の食事は避けること。

「昔ならこれくら食べても全然平気だった…」そういう問題じゃありません(笑)。

食べ過ぎに気づいたら、すぐにダイエットをはじめましょう。

放置しているとあれよあれよという間に体重は増えていくばかりです。

ダイエット方法は…、簡単です。

余分に摂取した分のカロリーを運動で消費するか、或いは、摂取カロリーを減らして余分なカロリーを摂らないようにするだけです。

理屈さえわかれば、あとは努力と継続あるのみです(笑)。

みなさん、ダイエットの食事を頑張りましょう!